有酸素運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)とは、体にたくさんの酸素を取り込みながら行う運動です。有酸素運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)といったらダイエットをイメージする人が殆どでしょうが、有酸素運動は低体温(脇、口、耳などで測ることができます。測る箇所や体温計の方式によって所要時間が変わってくるでしょう)対策としても有効です。有酸素運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)では、十分に取り込んだ酸素を使って、体内の糖質(とり過ぎには注意が必要ですが、不足すると疲れやすくなったり、体調が悪くなってしまいます)や脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)をエネルギー源として燃焼する事により、ゆっくりカロリーを生み出すのです。乳酸が生じる運動とは違い、疲れが蓄積しないため、長時間運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)を続ける事が可能です。有酸素運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)の代表的なものとして、ウォーキング、ジョギング(ランニングよりもゆったりとしたペースで赭ることをいいます)、水泳、水中ウォーキング(最近では、スイミング用とは別に専用の帽子も販売されています)、サイクリング、ストレッチ等。器具を使用したものでは、ステッパーやエアロバイクなどがあります。それでは、なぜこれらの有酸素運動が低体温(ごく短時間で耳測定できる体温計も売られています)に効果があるのです。体温を上げるには、基礎代謝を上げることがポイントですね。基礎代謝と体温(最近は低体温の人が増えており、体温が1℃下がるごとに免疫力が約37%低下するといわれています)は正比例の関係にありますから、基礎代謝が上がれば必然的に体温(最近は低体温の人が増えており、体温が1℃下がるごとに免疫力が約37%低下するといわれています)も上がります。体温(人間の平熱は37℃といわれており、日本人の平均体温は36.89℃です)・基礎代謝量(何もしない状態、例えね、寝たきりの状態でも消費するエネルギー量のことをいいます)を上げるためには、体を鍛えちゃんと筋肉量をアップすることです。と言うのは、筋肉は存在するだけでエネルギーを消費するからです。エネルギーを消費する際に、熱が生み出され、体温が上昇するのです。筋肉は基礎代謝の約4割を占めるほど、カロリーを消費します。ゆえに、筋肉をつけ、体温を上げるために、有酸素運動は非常に効果的です。ついでにダイエットもできれば、一石二鳥と言えますよね。但し、普段運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)をしていない人や運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)が苦手な人がいきなり長時間運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)をするのは逆効果です。ちょっとずつできるところからはじめ、次第に体を慣らしていくようにして下さいー